NOVのうつ勝プロジェクト

うつは友達!うつと上手に付き合っていく方法をうつ病患者の立場から考えます。

スポンサーリンク

認知行動療法~コラム法実践編②~

スポンサーリンク

こんばんは!NOVです。

 

明日からまた仕事かぁ(;´・ω・)

 

まぁ考えていてもあれなので、昨日やってみたコラム法を、今週残っていたモニタリング事象でやってみますね!

 

実践実践(^^♪

 

目次

 

1、状況

父親に今月まだ一日も仕事に行ってないと言われた。』

 

まだ勤務日2日しかないのよ!?

 

とりあえずイラっと事項です。"(-""-)"

 

2、気分

その時感じた感情を書き出します。

 

怒り100%

もどかしさ80%

 

一番強く感じた『怒り』を100%として書きました。

 

3、自動思考

怒りやもどかしさを感じた時に頭に思い付いたイメージは、、、

 

自分が休みたくて休んでいる訳ではないことを理解してくれない100%

 

今回はひとつのイメージしか湧かなかったな。

 

4、根拠

自動思考に至った背景か。。。

 

〇〇だから『自動思考』だ、の〇〇を考えればいいんだっけか。

 

体調が悪い時でもズケズケと絡んでくる

 

いつも自分のことは話すのに人の話を聞こうとしない

 

こんなところかしら?

 

てかうつ状態が続いてるのって、父親と生活してるから!?w

 

5、反証

自動思考にそぐわない事実か。

 

『過去』の視点から考えてみると、

 

うつ病になって実家に帰って来た時、何も言わずに休職させてくれた

 

わざわざ福島まで様子を見に来てくれていた

 

難しい。。。

 

6、適応的思考

根拠と反証を考えて出てくる、現実的な考えは、

 

父親なりに自分のうつのことを考えてくれている。ただ不器用なだけ?

 

こんな考えが頭によぎりました。

 

7、今の気分

最後に適応的思考を書き出してみて、今の気分は、

 

怒り20%

感謝60%

 

 

マイナスのイメージは減りましたが、怒りが全くなくなったわけではありませんでした。

 

8、コラム法で自分の行動を分析した結果

とりあえずやってみて思ったことは、

 

父親は自分のことを理解してくれようとしてるが、どうにもその対応が自分には腹立たしい!!(# ゚Д゚)

 

今までは現在の職場に近いという理由で実家にいましたが、このような事例が続くと実家から出ることも選択肢に入れてもいいかもですね。

 

というか10年以上実家から離れて暮らしていたから、親がずっといるってのか煩わしく感じてるのかもしれませんね。。。

 

実はそれがストレス要因になってる!?

 

今回は楽だからと割り切っていた実家暮らしのことを、少し考え直すいい機会をもらえました。

 

実家にいなきゃいけないと視野が狭くなっていたのかも?

 

こういう狭まった視野を広げてくれるという点で、コラム法いいかもですね!

 

ちょっと続けてみて、また何かいい事象があったらブログに書いてみたいと思います。

 

それでは!!